ホワイトニング

自分磨き  応援します!!

歯を白くする方法には数種類あります

「歯を白くする方法がいくつもあるけど、どれを選択すればいいの?」

 

これは患者様からよく質問されることです。

 

以下、ご説明します。

 

歯を白くする方法の種類

大きく分けて「ホワイトニング」、「審美歯科」、「クリーニング」の3つの方法があります。

それぞれ「歯を白くする」効用は同じですが、治療方法・費用・特徴に違いがあります。

 

ホワイトニング

ホワイトニング

治療方法 薬剤を反応させて歯を白くします
費用 ¥35000~
特徴

時間が経過すると後戻りします。

稀に知覚過敏の症状が出ることがありますが、直ぐに収まります。

 

審美歯科

審美歯科

治療方法 セラミックのつめ物・かぶせ物を利用
費用 ¥40000~
特徴

白さは半永久的に持続します。

ホワイトニングと異なり、歯を削る必要があります。

 

クリーニング

クリーニング

治療方法 特殊な機材を使って物理的に汚れを除去
費用 保険適用
特徴

本来は歯垢・歯石を落とすための治療ですが、副次的効果として、歯本来の白さを取り戻すことができます。

 

白くなる度合い

白くなる度合い

 

白さの持続期間

白さの持続期間

 

 

それぞれの違いを理解いただけたでしょうか?

このページではホワイトニングに関しての当院のシステムをご説明します。

審美歯科、クリーニングのシステムをもっとご覧になりたい方は審美歯科予防歯科をご参照ください。

 

 

阿佐ヶ谷北歯科クリニックのホワイトニングシステム

システム1 世界基準のホワイトニングシステムを導入

当院では、「ナイトホワイトエクセル」という世界的に利用されているホワイトニングシステムを導入しています。

ナイトホワイト

 

多くのメーカーがホワイトニングシステムを販売しており、その効用も様々です。

場合によってはほとんど効果の出ないホワイトニングシステムも存在しています。

 

どのホワイトニングシステムを採用するかはその医院の判断となりますので、治療を受ける前に、その医院がどのメーカーのホワイトニングシステムを使用しているのかをしっかりチェックした方が良いでしょう。

 

下の画像は当院で施術を行ったホワイトニングの症例となります。

 

ビフォアー アフター 1

ビフォアー アフター 2

ビフォアー アフター 3

ビフォアー アフター 4

 

システム2 ウォーキングブリーチという選択肢

虫歯や外傷などにより歯の神経が死んでしまうと、歯が茶褐色になります。

通常のホワイトニングではこの状態にはあまり効果がありません。

このような時にウォーキングブリーチという方法を選択します。

 

ビフォアー アフター 4

 

上記画像の上の前歯の一方が茶褐色に変色していると思います。

これをウォーキングブリーチ法で白くしました。

 

治療の流れとしましては、歯の神経(歯髄)を取った後、歯の中に歯を白くする薬剤を入れ、変色した歯を内側から白くさせます。これにより確実に白い歯を取り戻すことが可能になります。

 

システム3 適切なコンサルテーション

当院では御自宅で行って頂く「ホームホワイトニング」を行っています。

御自宅で治療を開始して頂く前に、医院で使用方法などをお伝えしますが、これだけでは適切なホワイトニング効果を得ることはなかなか難しいものがあります。

 

そこで当院では、1~2週間に1回来院して頂き、

色のムラがないか、知覚過敏が生じていないか、

効果的な使用ができているか、治療前とどの程度

変わってきているかなどのチェックを行い、

患者様がストレスなく、そして理想の色へ近づけるよう

サポート体制を敷いていますので、安心して治療に

専念して頂けます。

コンサルテーション

 

 

ホームホワイトニング治療の流れ

1.

当医院にて歯石の除去等を行ない、お口の中をキレイに清掃します。

フロー1

2.

歯型をとり、患者様の歯並びに合ったマウスピースを作ります。

フロー2

3.

そのマウスピースを一度合わせてみて、薬剤の使い方や1日の使用時間などの説明を受けて帰宅します。

フロー3

4.

変色の程度にもよりますが、1日2時間以内で、約2週間続けます。

フロー4

5.

1~2週間に一度来院して頂き、歯の状況やマウスピースが変型していないか定期的にチェックしてゆきます。

 

 

コラム-白さの持続期間は?

審美歯科治療と異なり、ホワイトニングは残念ながら永遠に白さが持続されるわけではありません。

 

歯がだんだん黄色くなるのは自然な生理現象です。

髪を切ってもいずれまた髪が伸びてくるのと同じです。

 

こう言ってしまうと、白さを維持させる為には定期的にホワイトニングを行わなければならないので面倒と思われるかもしれません。

確かにその通りですが、ホワイトニング2回目からは、1回目より簡単に白くなりますし、

これを定期的に行うことにより、変色しにくい歯になっていくという研究報告があります。

ホワイトニング剤は使用上の注意を守る限り、何度繰り返し使用しても問題ありません。

 

白さを永久に維持させたい場合や、すでにつめ物・かぶせ物が多い方は、審美歯科治療の方が適していますので、審美歯科をご参照ください。

 

 

症例集

当院で治療した症例をビフォア・アフター形式でご紹介します。

ご興味のある方は症例集をご参照ください。

 

 

料金表

料金表はこちら